上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
 
 
バイストン・ウェルに、オーラ・マシンによる喧騒が拡大していったとき
世界が、それを排除しようとして動くのも、またことわりである。
オーラ・マシンを操る人々は、バイストン・ウェルにおいて
悪しき者なのかもしれない…




TV本編スタイルとも出淵版スタイルとも違う、妙なアレンジが問題とか
1/72とは思えない、馬鹿デカイ全長が問題とか言われているHGダンバインですが
最大の問題点は別にあります。

それは、全身に使われているABS関節。
とにかく割れやすいのです!
エナメル溶剤がプラを侵すとかそう言う事ではなく、普通にはめるだけで割れるのです。
苦労して完成させて、いざ動かしたら割れましたでは泣くに泣けないので
特に折れ(割れ)やすい股関節及び太腿球体部プラ板&Bジョイントに変更します。

001 - コピー (2)

元々のパーツをゲージに、1mmプラ板4枚を切りだします。
端の2枚は、股間軸補強用の穴を開けています。


太腿にBジョイントを仕込みます。
軟質パーツのBジョイントの固定には、ウェーブから発売されているプラサポを使っています。
また、作業がしやすいように内側パーツを凹ラインの所で切断、上は接着し下は塗装後に接着します。

002_20130626235842.jpg

で、完成したのがコチラ。
軸は力が掛かるので、コトブキヤのモビルパイプで補強してあります。

001 - コピー (3)



当初スネパーツは、旧キットの物を使う予定でしたが、いろいろ漁っていた所
内側パーツを削って放置した組み立て前のHGのパーツを発見しましたので、コレを使う事にしました。

HGダンバインの大きすぎる原因は、このスネパーツが長い事にあります。
一番影響の少ない、くびれの中央で切断して再接着しました。

005_20130626235841.jpg

右がキットのままの長さ。
大体5mmくらい短くなりましたかね。

003 - コピー


とりあえず現状こんな感じです。
腰の外装パーツは小さかったので、もう一体分のパーツから前面パーツを切りだし接着
エポパテでラインを繋げています。

006.jpg

内装パーツの変更をしつつ、調子を見ながら外装に手を加えている為、思った以上に進みませんね。
まぁ、まだまだ締め切りまで時間ありますし、のんびり楽しみながら作っていきます。

って事で、今回はここまで。
それではまたです


関連記事
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
from へな | URL | 2013/06/28 Fri 22:01 [EDIT]
各要所の作りこみは、
ほほぉ~と唸りっぱなしでした。
プラ版切り出しの精度に凄く驚かされました!
へなちょこ工務店は、
こうのような技術の高さにはただただ驚きっぱなしw
from 蘭【アララギ】 | URL | 2013/06/29 Sat 10:51 [EDIT]
へな様>
いやいやいやいや、高くないですって!ww
きっと写真写りがいいんですよww

へなさんのフチドリングの方が、よっぽど
根気と精度を必要としてるじゃないですか。
自分には真似できませんよ。
飽き性の根性無しですから^^;

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRAKBACK URL

RECEVED TRAKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。